翌朝のすっきり、ダイエットサポートティー『モリモリスリム』を徹底的に調べた結果

翌朝のすっきり、ダイエットサポートティー『モリモリスリム』』を調査してるんですよね?

>>『翌朝のすっきり、ダイエットサポートティー『モリモリスリム』』の詳細はコチラ

僕も翌朝のすっきり、ダイエットサポートティー『モリモリスリム』にすごく関心があって翌朝のすっきり、ダイエットサポートティー『モリモリスリム』をいっぱい調べている最中だ。。

下のリンクに関連した情報があるでしょう。

WEB上にも、翌朝のすっきり、ダイエットサポートティー『モリモリスリム』の関連情報がいろいろと話題になってますね。

このサイトは、翌朝のすっきり、ダイエットサポートティー『モリモリスリム』に関することをジャンルをまたいで、テレビやまぐまぐ・動画サイトなどで発信されている情報を収集しながら、みなさんに役立つ情報を情報発信していきたいと思います。

翌朝のすっきり、ダイエットサポートティー『モリモリスリム』のマル秘情報

新着情報を入手したらすぐに当サイトに更新するのでお楽しみに!
翌朝のすっきり、ダイエットサポートティー『モリモリスリム』の基礎的なことから、目からウロコの情報まで記事にしていきますのでお楽しみに!

>>最新『翌朝のすっきり、ダイエットサポートティー『モリモリスリム』』情報

翌朝のすっきり、ダイエットサポートティー『モリモリスリム』の新着情報

調査中





マル秘情報が私の耳に入るまで、僕の翌朝のすっきり、ダイエットサポートティー『モリモリスリム』とは関係あるかないかわかりませんが、『Yahoo ショッピングに関する質問と回答』についてお読み下さい。

Yahoo ショッピングについてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

アメリカは現在、貿易不均衡を解消する為として全方位に対して関税の…

アメリカは現在、貿易不均衡を解消する為として全方位に対して関税の拡大を図る程の貿易赤字国ですが、世界1位の経済大国です。 他方、アフリカやアジア圏に経済支援と称したばら撒きを行っている中国が世界2位です。

もちろんアメリカが中国ほど支援する予算が無いとは思わないのですが、2位の中国には何故あれほど多数の国へばら撒けるほど予算が潤沢にあるのでしょうか?

近年では国内のインフラ整備にもかなりの予算を使っているはずですし、日本などに比べて社会保障の予算なども低いとは思いますが、それでもあれだけ撒き散らしていて「国家予算が足りない」とならないのが不思議なのですが、どのような仕組みによって中国は、あれほどの支援をしても国家が立ちゆかないような事が無いのでしょうか。

(質問のあった日:2018年7月26日)

予算、アジア圏、バラ、中国、全方位、日本さん、インフラについてのご質問のようですね。

このYahoo ショッピングに関する質問に対する回答

後ろ盾のない人民元を無造作に刷り続けているからです。

独裁国家、固定相場の強みですが、年内に終わりという結論付けている人(通産省元課長)もいます。



中国国家負債4、400兆円、鉄鋼過剰生産で400兆円の赤字、高層ビル、ショッピングモール建てる側から廃墟化、中国鉄道全体で年間80兆円の赤字。



中国がなぜ将来帰ってくる見込みのない夢無謀な投資をし続けるのかと言うと、外資が撤退してしまったため経済成長率8%を維持しないと雇用が確保できないからなのです。









ネットショッピングに詳しい管理人からの補足コメント




◆我が国は、多くの地域に、産業の種を蒔き、

繁栄の華を咲かせてまいりました。



70年代以降、日本も経済規模の拡大とともに、国際社会からの要請・期待が高まるにつれて、さまざまな国、地域に支援を行ってきました。



中国も経済規模の拡大により、国際社会からの負託に応じるべく、支援事業を行っているということです。



先進国や経済大国は、抱えている財政状況とは無関係に、国際社会からの支援の要請に、応じてきたという言い方が、実状でしょう。





◆なぜアメリカが貿易赤字で中国に文句を云うか!



中国がアメリカからミサイルを買わないからです。



解決策

アメリカ反対圏にチョッカイを出す(高度上空領土侵犯)

虎の威を借りていた者が盾矛を買う。



しかしアメリカが正攻法で努力しない限りアメリカ近辺が沈むばかり



もう世界中テレビ、インターネットがあり、豊かさに渇望しているもの





◆中国は貿易黒字国世界一です。

アメリカは貿易赤字国世界一です。

また、アメリカの財政債務は中国が世界一買っていますね。



また、日本さんでは誤解している人がいますが 中国のGDPは2005年12月に中国国家統計局が国際機関から過小評価されているとずっと責められていたことでGDP値の上方修正を行ったのがきっかけですね。

これによって、UN統計部、IMF統計部門、世界銀行データ開発局の責任者は中国国家統計局へ書簡を送り、中国による国内総生産(GDP)が現実的になったと評価しました。

でもね、すべては過少申告の文化なので、まだ違うと思います。



なぜ、お金がたくさんあるのか日本さんとの経済競争の一例でお話します。

例えば日本さん自慢の家電のお話です。

昨年の2017年、世界シェア第一位の企業は、中国のハイアールです。

また、ハイアールのライバルの中国企業美的集団も世界シェア上位です。

一位〜五位くらいまでは中国企業が占めていて、近年日本さんから台湾省の企業に合併された会社は世界シェア9位です。いま、ベスト19位に入る会社が日本さん最上位ですが時間の問題で消滅に向かいますね。



それから、パソコン世界シェア一位の企業も中国のレノボです。

ネットゲーム世界シェア一位も中国企業のテンセントです。

近年、日本も高かった太陽光モジュールも2017年世界シェア一位は、中国企業のインリーソーラーです。

金融分野でも世界一〜三位は中国の銀行で、世界一位は、中国工商銀行で銀行総資産世界一です。

インターネットなどオークションなどで、世界一位は、中国のタオバオです。

世界での建設も一位は、中国の中国鉄建です。

そして、石油製品世界シェア一位は中国のシノペックです。

携帯電話もチャイナモバイルは世界一位の契約件数ですが、スマートフォンの世界シェア二位も 中国のハーウェイです。

レノボも世界上位です。

昨年の2017年ハーウェイはサムスンも抜き世界シェアを急速にのばしています。

薄型テレビの世界シェアでも、

また、中国のハイセンスも世界最上位です。

・・・まだありますね。



次に都市整備のお話も日本さんと比較してみますね。

まず、東京には日本さんすべてが集中する一極集中が極端で、日本さんをイメージするときは東京と京都ですが、この東京一極集中によって日本さんは東京以外の都市は中国の地方都市よりも田舎で残念ですね。



中国の成都、武漢、重慶、西安、南京、青島など中国の地方都市は広範囲に商業ビル群と高層マンション、公共施設、公園、住宅地などが広がっていて街並みは東京みたいです。

中国は2000年頃から高度成長を始めた国です。

日本は1950年頃から高度成長を始めた国です。

日本さんは1950年から発展を初めて国土は中国の26分の1で、しかもね国土の28%しか居住できないのに、なぜ東京一極集中ですか?他の地域は発展してませんね。という反面教師から大陸全土にわたって整備を進めています。

中国の都市





それから、次世代産業面での希望も日本さんと比較してお話しますね。

例えば、電気自動車普及したら、それに技術が転用できない日本さん唯一の大産業TOYOTAはじめ自動車産業は中国に敗北ですね。

ここから、あらゆる産業が滅びますね。

EV車の世界ではいままで日本さんが築いてきた技術は役にたたないので、いまこの世界で先行しているいくつもの中国企業には将来勝てませんね。

財政破綻目前の日本さんは経済でも国際市場で競争力を失い日本崩壊まっしぐらですね。

AI技術力や発展率などもアメリカを100としたら中国99で日本さんは7です。これは調べたらわかります。



次は将来の国家発展に欠かせない教育水準のお話も日本さんと比較してみますね。

まずね、日本さんの大学生は二人に一人以上の割合で有償奨学金で貧困学生多くアルバイトばかりみたいです。

学生数は中国の25分の1以下なのに将来まずいですね。

中国では昨年、大陸の主要80大学に入学した18歳は約1000万人です、日本さんは全国の大学すべてで40万人台しか昨年の入学者はいませんね。

それにね、大陸主要校だけではなくて中国人学生は海外の名門大にあふれていますね。

たとえば英国名門大には英国人学生より多い現実がありますね。

これはね、法国や徳国などでもおなじです。

アメリカでもね、

アメリカの大学の伝統行事である全生徒で最も頭脳明晰、最も模範的、最も信頼されている、の三要素を代表した毎年のスピーチもハーバードなど各大学で昨年もその前も中国人学生です。

だからね、将来はどうなっているかわかりますね。

世界一少子化で大学生は中国の20分の1にも満たず、高齢化も世界一で、私たち中国の少子高齢化より深刻で危機のなか、2025年には後期高齢者になる団塊の世代さんが財政破綻に拍車をかけますね。

おのずと日本さんは中国に経済植民地にしてくださいとお願いしないと生きていけませんね、かわいそう。。。



次はね科学技術のお話しますね。

主要8分野の科学技術でついに4分野は中国が世界一になりました。

世界の科学技術「米中2強」に 中国、論文4分野で首位 : 日本経済新聞

論文だけではなくて2017年は

科学技術ランキングでも中国は世界二位です。







◆中国はかなり以前には240倍もの紙幣大増刷を行い今も増刷中です、



優れた外国の偽物を作り続け技術も盗み続けで本物に近い品質になり



外国企業誘致でさらに技術が進歩!人件費が安い分安売りも出来て



シェアも増大中、でも公表してるのと違い実際の経済状態は大赤字、



その分紙幣増刷で賄ってても物凄いインフレで国民は生活苦です、



インドネシアにインフラ協力の約束も実施できない経済状態です



以前局地戦ですがインドと戦い圧勝はインド?それで封鎖作戦?



金をバラまき基地を建設して来たのです、偽物を作り続けてても



技術を盗みなどで本物に近い品質になってきて米国には大脅威!



そこで始まったのが関税アップによる貿易戦争でどうなるやら?





◆>どのような仕組みによって中国は、あれほどの支援をしても国家が立ちゆかないような事が無いのでしょうか。



国営企業が負債を引き受けているのです。



中国、景気配慮に傾斜 国有企業の債務17兆円株式化

(日本経済新聞 2018/6/26)



中国人民銀行(中央銀行)が24日に決めた金融緩和措置では、増えた手元資金を債務の株式化に回すよう大手銀行に求めた。1兆元(約17兆円)超の株式化を実行し、過剰債務に悩む国有企業の経営を支える。市場で進む通貨人民元の下落も容認する。

———



例えば中国の高速鉄道は中国鉄路総公司(日本の旧国鉄に相当)が

国営の中国建設銀行などからお金を借りて建設しているのです。



そのため債務は政府の財政ではなく、

国営企業に残るのです。



中国高速鉄道、「宴の後」の債務80兆円

(日本経済新聞 2017/9/29)



これは信じられない!高速鉄道を運営する中国鉄路が大幅な赤字―中国メディア



(RecordChina 2017年11月3日)



韓国も同じ





ネットショッピングTOP > ネットショッピング > ・ネットショッピング > 翌朝のすっきり、ダイエットサポートティー『モリモリスリム』:レビュー


マジカルスムージー|評判
LUNAハーバルサプリメント/口コミ

関連記事一覧

インドネシア伝承スカルプケア【Rambut】(ランブット)/最安値

目次インドネシア伝承スカルプケア【Rambut】(ランブット)を詳しくインドネシア伝承スカルプケア【Rambut】(ランブット)の詳細情報イ...

リコメン堂|効果

目次リコメン堂を徹底的に調べた結果リコメン堂の極秘情報リコメン堂の新着情報アマゾンで販売されているASUSのZenFone4(ZE554KL...

アンミオイル (お試し):レビュー

目次アンミオイル (お試し)の詳細アンミオイル (お試し)の新着情報アンミオイル (お試し)の最新情報YJカードの補償対象になりますか? y...

slimfor(スリムフォー)|効果

目次slimfor(スリムフォー)の概要slimfor(スリムフォー)の詳細情報slimfor(スリムフォー)の最新情報アマゾン Amazo...

バンビーナ【定額】/体験談

目次バンビーナ【定額】を深く調査した件バンビーナ【定額】の最新情報バンビーナ【定額】の最新情報楽天カードキャシング10万あるのにキャシングが...