マイケア 琉球アイサプリ「一望百景」について話をしようか

マイケア 琉球アイサプリ「一望百景」』を調査してるんですよね?

>>『マイケア 琉球アイサプリ「一望百景」』の詳細はコチラ

管理人もマイケア 琉球アイサプリ「一望百景」に関心がありマイケア 琉球アイサプリ「一望百景」をいろいろとリサーチしている途中なんです。。

下記リンクに関係するモノがあると思います。

ネット上にも、マイケア 琉球アイサプリ「一望百景」の関連情報がジワジワと話題になっているようです。

当サイトでは、マイケア 琉球アイサプリ「一望百景」に関することをジャンルに限らず、インスタやAmazon・比較サイトなどでで調べた情報を調べながら、訪問者さんにためになる情報を情報発信していきたいと思います。

マイケア 琉球アイサプリ「一望百景」の極秘情報

最新情報を入手したらすぐにこちらに記事にしていく予定です。
マイケア 琉球アイサプリ「一望百景」の知っておいて損はない基礎的なことから、一般にはあまり知られていない情報まで発信していきますので乞うご期待!

>>最新『マイケア 琉球アイサプリ「一望百景」』情報

マイケア 琉球アイサプリ「一望百景」の最新情報

情報が入り次第公開予定





新着情報が入手されるまで、僕のマイケア 琉球アイサプリ「一望百景」とはに関するブログを『ドクターショッピングに関する質問と回答』に関する雑学を書いておきます。

ドクターショッピングについてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

糖尿病について、教えてください。 一週間ほど前、糖負荷検査をしてき…

糖尿病について、教えてください。 一週間ほど前、糖負荷検査をしてきました。



結果が空腹時血糖値127

30分後血糖値223

60分後血糖値293 尿糖+4

90分後血糖値236

120分後血糖値211 尿糖+4

でした。



ヘモグロビンA1cが6.3で糖尿病型と言われました。

ですが、1型、2型などの判定?はなく、食事と運動をしてくださいとだけ言われただけでした。

ヘモグロビンについての説明もなく、薬局で薬の説明時に、これが一ヶ月程度の平均値になりますよと教えてもらったぐらいです。



薬はジャヌビア錠50mgを飲むようにとのことで、食事に気を付けながら飲んでいる状態です。

運動も極力歩くようにしています。



肥満なので、2型だろうとは思うのですが……

一週間の間で約2キロほど痩せたので、これからも続けるように頑張っていこうと思っています。



知りたいのは、これは糖尿病で間違いないのか、病院を変えた方がいいのか(ただ、糖尿病指定医師の方ではあるようです。)、もし変えた場合は、検査結果などを持って説明などをすればいいのか、薬の種類などはこれで間違いないのかです。



薬に関しては個人差があるというのは調べたりしたのでわかるのですが、ヘモグロビン6.5以上から薬を始めるなどの記述もあったりしたので、不安になりました。



どうかよろしくお願いします。

(質問のあった日:2017年3月22日)

糖尿病、HbA1c、尿糖、インスリン、血糖値、ジャヌビア錠50mg、尿糖+4についてのご質問のようですね。

このドクターショッピングに関する質問に対する回答

2型糖尿病の薬剤師です。



主治医は、「糖尿病型」と言い、「糖尿病」とは言っていないのですよね・・・



まんざら、間違いのドクターと決めつけない方がいいでしょう。



糖尿専門医であっても、手取り足取り、何もかも教えてくださる先生は、現実の所、そんなにはいないでしょう。



確かに、投薬は、運動療法、食事療法をしても改善が見られない場合に投与するものですが、現実問題、短い診察時間の中で、食事療法、運動療法を教えて下さる先生の方が少ないかと思います。



知恵袋の糖尿病のカテの回答者さんは、皆、ドクターではなく、糖尿病の患者さんばかりです。



皆、自分で勉強し、回答している側に回っているのです。



大抵の糖尿専門医は言いますよ。「自分が最高の自分の主治医になれ」って。



これって、鉄則ですよ。



確かに、肥満でしたら、ビグアナイド系を処方するのも一案ですが、ジャヌビア錠(DPP−4阻害剤)は、まだ発売されて間がない薬剤ですが、血糖依存的に作用するため、高い血糖値は下げるが、低くなった血糖値までは下げない、という、大変、従来にない優れものの薬剤です。



私は薬剤師で、医療業界を知っているので、あえて言いますが、よほどかひどいドクターでない以上、あまり転々としない方が良いですよ。



糖尿専門医は糖尿専門医同士で裏でつながりがあり、ツウツウでドクターショッピングと言われ、嫌われるようになりますよ。



質問者様は、空腹時血糖値が126を超え、随時血糖値は皆、200を超えていますので、あわや、糖尿病間近です。



本来なら、この1か月以内にもう一回、主治医は血液検査をされなくてはいけません。



そこで、HbA1cが6.5以下であっても、空腹時血糖値が再度126を超える、もしくは随時血糖値が200を超えたら、糖尿病型ではなく、糖尿病確定です。



主治医に、自分から、もう一回、1か月以内に再検査しないのですか?してほしいのですが、するべきでないでしょうか?と自分から言わないといけません。



質問者様は、日本糖尿病学会から発行されている「食品交換表」に基づき、調理食事されないといけません。



又、1日160〜240キロカロリー消費の有酸素運動(汗ばむ程度の運動)をされないといけません。



運動療法は、体重過多なら摂取カロリーを消費してダイエット効果があるだけでなく、恒常的に高い血糖値を下げ、又、あまり知られていないようですが、インスリンの効きを良くする働きがあります。



この効果は3日で半減、1週間で消滅すると言われています。



糖尿病の患者様の中には、食事の中で血糖値を上昇させるのは炭水化物(糖質)だけですので、ローカーボと言い、炭水化物を抜く食事療法をされている方がおられますが、日本糖尿病学会は、これを認めていなく、バランスの良い食事を勧めています。



ただ、日本糖尿病学会も多少は動きがあり、摂取炭水化物を60%だけでなく50%も許容するようになってきてはいます。



ただ、これ以上下げたら、脂質摂取量が上がるため、返って、動脈硬化などが進む懸念はされており、長期におけるローカーボの安全性は保障されていません。



質問者様は、日本糖尿病学会発行の「食品交換表」と「糖尿病治療のてびき」を購入され、内容をそらで言えるくらい、頭に叩き込んで下さい。



両者、患者向けの書籍であり安価ですが、内容は、優れものです。





又、糖尿病ネットワークで勉強されてくださいね。



ネットショッピングに詳しい管理人からの補足コメント




◆1型でしたら、多飲、多尿、頻尿、体重減少など、夜中でも何回もトイレに起きないといけないような激しい症状が出ますので、緩徐進行1型糖尿病でない以上、2型糖尿病判断で妥当でしょう。





◆空腹時が127ですからね、HbA1cがまだ糖尿病型には

該当しないとはいえ、おそらくもう一度空腹時の血糖値を

調べれば糖尿病型になるでしょうから糖尿病と診断される

域に達してはいるでしょうね。



なんだか糖尿病のことが何にもわかっていない医者の身内が

もっともらしい回答をしていますがHbA1cは6.5%以上で

糖尿病型ですからむしろギリギリセーフですね。

だいたい「対称療法」ってなんだよ?

対症療法でしょ?



>1型か2型かはインスリンの検査をすればすぐに分かります

わかりません。ほんとに無知であいた口がふさがりません。

1型であっても緩徐進行型だと初期であれば2型レベルの

インスリン分泌力があります。

1型か2型かはすい島関連の自己抗体(GAD抗体がポピュラーですね)

の有無で判別します。

それに血中インスリン濃度なんてころころ変わりますから

そんなもので糖質量を決める専門医なんていませんよ。

まともな専門医ならCペプチドで判断するはずです。

それに本気でインスリンの追加分泌能を調べようとするなら

専門医だったらグルカゴン負荷試験をします。



糖質制限に取り組んでるなんて言っても所詮は糖尿病は

門外漢の腎臓内科医でしょうからね。



>糖尿病を治す医師はほとんどいません

糖尿病を治せたらノーベル賞がもらえます。



それから糖尿病は「うまく付き合っていく病気」です

「抑え込もう」なんて思い上がりもいいところです。



なおOGTTは不必要に血糖値を上げる検査なので

そんなにたびたびするものではありません。





◆口渇などの症状や眼に糖尿病による障害があれば糖尿病という診断をつける事ができますが、そういうのがなければ原則的にはもう一回、検査しないと糖尿病という診断は(糖尿病学会の定義でいえば)つけることはできません。



私なら医師を変えます。なぜなら

1.これではHbA1cが改善しても食事療法や運動療法の効果を実感できない

2.食事療法や運動療法を待てないほど、ひどくはないのですぐ薬を処方する意味はない

3.薬をだすにしても肥満があるならしっかりしたエビデンスがあるビグアナイド系の薬を処方すべき





◆実家が腎臓内科クリニックの者です。

私自身は薬学部の院生です。



なんか全体に「フワッ」とした話ですね…



ジャヌビアを処方するという事は、「?型」と考えて間違いないでしょう。もし「?型」なら処方ミスかな。なぜならこの薬は、インクレチンを分解する酵素を阻害し、インスリン分泌促進作用並びにグルカゴン濃度低下作用を増強し血糖コントロールを改善する薬剤だからです。



1型か?型か分からないなら処方する薬ではありません。



検査数値に関しては、HbA1cはギリギリアウト、血糖値は完全にアウトと言う状態で、糖尿病と考えた方が良いでしょう。

また「尿糖+4」はかなり重症です。

※糖が尿に漏れ出すという事は、体内で余分な糖質が処理出来ていない状態ということです。



私の私見では病院は変えた方が良いでしょう。但し、本当に糖尿病専門医は怪しい医師が多いです。



ご質問者様は、確実に「糖代謝の異常」が起きており、それによって血糖値が上昇する状態(これを糖尿病といいます)



適度な運動、特に有酸素運動(歩く、自転車漕ぐ等)は継続的に続けて下さい。



問題は食事療法で、これが今や大問題なのです。



と、言うのも日本糖尿病学会では、今だに糖尿病の食事療法として、「バランスの取れた食事、カロリーの制限」を指導指針としているからです。



一方で「糖質制限」を指導する医師がいます。

私の実家もこの考え方で、約10年前から「糖質制限食事療法」を取り入れ、数多くの患者さんを救ってきました。

この療法には批判も多いのですが、確実に一つの潮流として認知されてきています。

※残念なのは、この療法の特徴として「減量する」特徴があり、ダイエットとしてブームになったことがあります。



まず大前提として、糖尿病は薬では治療が出来ません。あくまでも「対称療法」です。インスリンでも治療は出来ません。

この点は肝に銘じて下さい。従って、糖尿病を治す医師はほとんどいません。



次に糖尿病と言うのは結局は「血糖値が高い状態」を言います。

ですから「血糖値を上げない」ことが何よりも大切です。



「血糖値」を上げる「唯一」の物質は「糖質」です。

「糖質」だけです。糖質とは炭水化物+食物繊維のことです。



ですから「糖質」を食べなければ、血糖値は上がりません。



これが「糖質制限食事療法」の考え方です。



最初の疑問は糖質(炭水化物)を食べなくて大丈夫か?です。

これが過去の実績から大丈夫なのです。

なぜなら、人体のエネルギー源たる「糖質」が絶たれると、体は「脂質」をエネルギー源に使うようになります。

つまり「脂質」を「ケトン体」と言う物質に変えて(代謝と言います)それを利用するようになります。なので「中性脂肪」「内臓脂肪」を燃焼させてエネルギーに使うのです。ですから脂肪が落ちて、減量するのです。



まず、緩やかな糖質制限から始めて下さい。



そのためにはご自身が今まで、1日にどれくらいの糖質を食べているかを計算する必要があります。平均的に皆さんは、だいたい1日に250g〜400gくらいの糖質を食べています。



ご飯1杯は約55g、食パン1枚は30g、ラーメン1杯は80g、うどん1杯は60gあります。



これらの「主食」を減らすことから始めて下さい。



北里病院の山田悟医師によれば、1日に必要な糖質量は130gだと言います。高尾病院の江部医師は60gに制限すべきと言っています。

愛媛の釜池医師は最も極端でゼロです。



私のクリニックでは職糖尿病の患者さんには100g程度に制限することを薦めています。

×ご飯・パン・麺類を極力食べない。

×砂糖を天然甘味料に変える(砂糖は追放)

×果物はごく少量

×お菓子、間食はしない

〇牛肉・豚肉・鶏肉・卵を食べる

〇魚・海藻を食べる

〇緑の野菜、キノコを食べる

〇大豆製品(納豆・豆腐)を食べる



こうして「糖質」を制限し「タンパク質」と「脂質」(食物繊維)を摂取することで、ほぼ血糖値の上昇は食い止めることが出来ます。



大丈夫です。糖尿病を抑え込んで下さい。



ネットショッピングTOP > ネットショッピング > ・ネットショッピング > マイケア 琉球アイサプリ「一望百景」|効果


メガサンA150/口コミ
【ポイントサイト専用】マイケア 琉球アイサプリ「一望百景」:感想

関連記事一覧

使い捨てコンタクトレンズ B-lens:レビュー

目次使い捨てコンタクトレンズ B-lensを詳しく使い捨てコンタクトレンズ B-lensの極秘情報使い捨てコンタクトレンズ B-lensの新...

抜け毛防止専用「S─1 無添加シャンプー」:レビュー

目次抜け毛防止専用「S─1 無添加シャンプー」について調べてみた抜け毛防止専用「S─1 無添加シャンプー」の極秘情報抜け毛防止専用「S─1 ...

携帯用水素マルチポッド【マルーン】:バーゲン

目次携帯用水素マルチポッド【マルーン】について話をしようか携帯用水素マルチポッド【マルーン】の最新情報携帯用水素マルチポッド【マルーン】の新...

darial レディースファッション/体験談

目次darial レディースファッションの詳細darial レディースファッションの最新情報darial レディースファッションの最新情報セ...

ナグプラスオールインワンエッセンスAFプログラム|アウトレット

目次ナグプラスオールインワンエッセンスAFプログラムについて話をしようかナグプラスオールインワンエッセンスAFプログラムの極秘情報ナグプラス...