グリッターキャンペーンの概要

▼GLITTERキャンペーン抽選で豪華賞品♪▼
グリッターキャンペーン
>>グリッターキャンペーンはコチラ

グリッターキャンペーン』を調査してるんですよね?

>>『グリッターキャンペーン』の詳細はコチラ

管理人もグリッターキャンペーンにすごく関心があってグリッターキャンペーンをいろいろリサーチしている最中だ。。

下のリンクに関連したモノがあるでしょう。

WEB上にも、グリッターキャンペーンについてものすごく注目を集めているようです。

このサイトは、グリッターキャンペーンに関することをジャンルに限らず、テレビやおうんどメディア・動画サイトなどで発信されている情報を集めながら、訪問者さんにためになる情報を情報発信していきたいと思います。

グリッターキャンペーンの詳細情報

最新の情報を入手次第、こちらに更新するのでお楽しみに!
グリッターキャンペーンの知っておきたい基本的な情報から、マル秘情報まで公開していきますのでそれまで少しお待ち下さい。

>>最新『グリッターキャンペーン』情報

グリッターキャンペーンの最新情報

調査中につきしばらくお待ち下さい。





マル秘情報が私の耳に入るまで、管理人のグリッターキャンペーンと関係ないかもしれませんが、『Yahoo ショッピングに関する質問と回答』に関する雑学を書いておきます。

Yahoo ショッピングについてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

ココナッツオイルもしくはMCTサプリオイルと認知症について教えて下さ…

ココナッツオイルもしくはMCTサプリオイルと認知症について教えて下さい。 87歳になる母親の認知症がこのところ酷く、DAYサービスやショートステイなどを利用しているのですが 現状このままでは 我々の生活自体がままならない様になって来ました。

せめて数ヶ月前の状態ならなんとかなったのですが・・このままでは更に認知症が進行しで施設暮らしをして貰うのを待つしかないのか?とも考えてしまうこの頃です。そこで、SNSで見た事のあるココナッツオイルの効用に藁をも掴む気持ちで期待を持ったわけなのですが もし実際に 勿論ダメ元でトライするとして 午前中の朝食は炭水化物や糖類を口にさせず(過酷な糖質制限は無理だと思います)に朝食がわりにココナッツオイルもしくはMCTサプリを摂取してもらうにはどの様な摂り方が良いのでしょうか?牛乳に溶かしたりヨーグルトと一緒に摂取しても効果的には大丈夫なのでしょうか?

せめて数ヶ月前の状態戻れれば本人自ら生活の一部にしてくれそうな気がしますが あくまでダメ元なトライという覚悟のもとでです。 どなたかおわかりになる方、アドバイスよろしくお願いします。

(質問のあった日:2018年7月11日)

認知症、ケトン体、ココナッツオイル、MCTサプリ、ユマニチュード、MCTサプリオイル、アルツハイマーについてのご質問のようですね。

このYahoo ショッピングに関する質問に対する回答

まずケトン体が効果を上げるのはアルツハイマーだけだと思います

(他の認知症に効くかは未確認です)

全てを知っているわけでは無いので何か手がないか検索はしてください



ご存知かもしれませんが一番有名なのはこれだと思います

僕は未読です



アルツハイマー病が劇的に改善した! 米国医師が見つけたココナツオイル驚異の効能

メアリー・T・ニューポート (著)



彼女は旦那さんがアルツハイマーになって治療法を探していました

ココナッツオイルを使う臨床試験があることを知って(参加はできなかったのですが)、旦那さんにも飲ませようと思って実行したようです

画期的な成果が出たのなら有効な代替医療として取り入れられたでしょうから、そこまでの成果はなかったのだと思います

ですが彼女の旦那さんには有効だったのでしょう



仮説ですがアルツハイマーは2型糖尿病のように細胞がブドウ糖を取り入れられなくなって起きている可能性があるようです

で、脳はブドウ糖優先ですがケトン体も使うことができます

ブドウ糖とケトン体では細胞に入る方法が違っているのでケトン体がエネルギー源として使えるわけです

ケトン食というのは元々ブドウ糖が使えない癲癇患者用に開発された食事法で9割油の極端な食事です

その後、中鎖脂肪酸(ココナッツオイル、MCTオイル)を使うと一日40gぐらいの糖質をとってもケトン体が出ると判ったため中鎖脂肪酸を使う用に改善されました

それでも40gは一日おかゆ一食を食べられる程度ですから理解できない患者には納得できないでしょう

その点は無理強いしないほうが良いでしょう

糖質が使い切られるようなときに中鎖脂肪酸を取るとそれを材料にケトン体が作られます

だから絶食になっている睡眠の前や朝起きた時に中鎖脂肪酸を取ると良いのではないかと思います

運動でブドウ糖を使ってしまうのも大事です



ケトン体は糖質が入ってこない時の代替燃料で断食でも体の脂肪やたんぱく質を分解して出てくる物質です(穀物で常時糖質が取れるようになったのは数万年でしかありません)



調べきれていないのですがブドウ糖とケトン体は同時に使われているのだと思います

インスリンはブドウ糖を細胞に入れるのに必要な物質で常時基礎量が分泌されています

赤血球など一部「本当にブドウ糖しか使えない」細胞があるからでしょう

脳がブドウ糖しか使えないというのは明らかな間違いです



巧妙、精緻な人体のエネルギー確保の仕組みを知る | 人類史からひもとく …





糖質が入るとそっちに切り替わるでしょうが少量でも中鎖脂肪酸が入っていればケトン体も出るタイミングがあるような気がしています



ケトン体の出し方については

医療的にはケトン食を、糖質制限のダイエットにはそれらの本が参考になると思います

(完全に同じではないでしょうが糖質制限の一つにケトジェニックダイエットがあります)



実は大麻がアルツハイマーにも効果がある例があります

医療用大麻が認可されれば一番いいのですが日本では使えません



それでもほぼ半分を占めるCBD(カンナビジオール)は酩酊分がないので違法物ではなく楽天やyahooショッピングなどで手に入ります



ブラジル初!アルツハイマー患者にCBDオイル治療が認可 | メディカル …





大麻の香り成分βカリオフィレンも効果があるかも知れません

コパイバ・マリマリが買いやすいでしょう

これも通販で買えます



435)アマゾンの秘薬コパイバ(Copaiba)とβ-カリオフィレン – 「漢方がん …



(実はがんの代替療法で大麻に行きつき、それが認知症にも効くと知りました)



医者なら試薬としてβカリオフィレンが手に入るようです



ここの先生に問い合わせても融通してくれるかもしれません

電話で相談して宅配で送ってもらえるようです

(認知症は専門ではないでしょうが聞いてみてもいいかもしれません、初診料は1万円ほど取られると思います)



トランス・カリオフィレンが脳細胞を局所貧血から保護する | メディカル …





レモンバーム(メリッサ)の効果・効能が凄い!睡眠・認知症予防など …





これらは僕はほとんど知りません

ご自身で調べてみてください

(「CBDオイル アルツハイマー」「βカリオフィレン 認知症」などで検索してみてください)



ユマニチュードは知っておいたほうが良いと思います

認知症が進んでもコミュニケーションが取れないわけではありません



認知症の方の心をつかむケア技法「ユマニチュード」とは介護の便利帖 …





取り急ぎ、雑多な知識をお知らせします



少しでも良くなることをお祈りしております (^^;

一人で頑張らないで周りに助けを求めることをお忘れなく!

あなたが疲れてしまってはダメですから

ネットショッピングに詳しい管理人からの補足コメント




◆紹介したものは重篤な副作用はないと思いますが水でさえ毒になることがあります



CBDオイルなども副作用がゼロなわけではありません





βカリオフィレンは日本でも食品添加物です

個人輸入などでも手に入るようです

アロマオイルのジャンルでもあります





◆>出来る事は小さいですが出来る範囲で取り組みたいと思っていますので

>よろしくお願いいたします

地道に少しでも認知症を軽減できたらという事ですね。

幸い初期の認知症みたいですから努力すれば

治る可能性があります。但し道のりは長いですよ。



初期の認知症を9割も治してるドクターが居ます。

アルツハイマーは36の原因があって一つずつ

原因を塞いでいけば良いという考えです。

これをリコード法といいます。MCTもでてきます。

基本的には生活習慣を変えるのが一番大事だそうです。



最初のリンクは、日本人医師が解説してくれています。

二番目のリンクはリコード法を勉強しながら

ご両親を介護し成果を上げている方です。

三番目のリンクは翻訳されたリコード法の本です。





認知症は治る時代!ブレデセン博士のリコード法





婚活しながら?両親介護





アルツハイマー病 真実と終焉





◆そもそもお母さんは認知症なのでしょうか。認知症と決めつけることは危険ですので、病院で見てもらう良いと思います。とりあえず内科でも近くの病院でも結構です。そこで手に余るようでしたら専門病院を紹介してくれると思います。サプリメントが効くというのは、メーカーの口車に乗っているだけです。



認知症を直す薬も食材もありません。治ると言えば、MCIという認知症前段階(軽い認知症)なら回復すると言われています。その前提でお話しします。



以下のことは、無理にやらせると、かたくなになってより症状を悪化させることになります。また家族関係も悪化させるという事にもなりかねません。やってもらうという感じで、やんわりと勧めてください。



まず水分不足。脳は水分が不足すると働きが悪くなります。高齢者の場合、認知症と同じような症状になります。一日1.5?の水を飲んでもらうようにしてください。一度ではなくこまめに水を取ることが大切です。熱中症予防の水分摂取と同じです。今の時期でしたら、昆布茶をお勧めしています。塩分と一緒に水が取れますから。高血圧の方は内科でも結構ですので塩分についてはご相談してください。



次に酸素不足でも脳は働きが悪くなります。高齢者の方は、姿勢が悪くなり肺をうまく使っていません。特に認知症になっている方は、運動能力も低いため酸素不足になりがちです。歩くなどで酸素を体中に回すようにしてください。



糖を制限するというのは糖尿病などで医師からの勧めでしょうか。糖質制限は認知症を悪化させる子脳性があります。脳は糖が栄養源ですので、糖の不足は判断力や記憶力その他もろもろの脳力が落ちると考えることもできます。勧められません。体のエネルギーとしても炭水化物は必要です。あまりにも疲れやすいというのでしたら炭水化物不足も考えられます。食事は少量にするにしてもまんべんなく栄養を取るようにしてください。タンパク質(肉や大豆製品など)も必要ですし、ビタミン、ミネラルも必要です。



認知症の方は昼夜逆転もあります。朝太陽の光を浴びて、日中はよく動くことが良質の睡眠をとる秘訣です。



認知症は、生活習慣病だと言われています。様々なことを行わないと防げません。

これだけすれば認知症が回復するというのは夢の世界の話なのです。



頑張ってください。



追伸。



地域包括センターでご相談するのがいいかと思います。ネットでお近くの地域包括センターを探してみてください。

また、オレンジカフェというものもあります。ここは、認知症にかかわる人がお茶を飲みながら悩みや不満を言う事ができる所です。健常者も利用できます。利用してみてはいかがでしょうか。





◆認知症にならないようにするには、認知症になるリスクを少しでも減らすことです。

高血圧、肥満、糖尿病、難聴、水分不足、睡眠不足、独り暮らし、引っ越しなど環境の変化などで、認知症になりやすいと言われています。



日本糖尿病学会の発表によると、糖尿病の人は、そうではない人に比べて、アルツハイマー型認知症や血管性認知症のリスクが2倍〜4倍あるそうです。



認知症の予防には、脳の活性化を図ると良いと言われています。具体的には、

・運動と認知課題(計算、しりとりなど)を組み合わせて同時にするコグニサイズ(国立長寿医療研究センターより)

・1日5000歩早歩きで歩く(東京都健康長寿医療センター研究所 中之条研究より)

・人とコミュニケーションを持つ

・役割を持つ。人の役に立つ役割があると、脳に刺激を受けて良い

と言われています。



ただし、一番のリスクは「加齢」、歳をとることです。

歳をとることは絶対避けられないので、いくらがんばっても認知症になる可能性はあります。

認知症になっても、住み慣れた地域で、安心・安全に暮らしていけるまちづくりをすることが大切だと思います。

そのまちづくりをすることが、結果的に認知症の予防につながると思います。



心から友達と思えた人かが教えてくれたのですが、「ヤバツヲユニボキ」などといった情報が役に立ったらしいのでGOOGLE先生に聞いてみてもいいと思います。





◆アルツハイマー型認知症でしょうか。



効果は微々たるもので期待はできないと思います。



アルツハイマー型認知症は15年〜20年掛け脳細胞が徐々に死滅していくものです。



ですから急激な回復は難しいと思われます。

認知症になると次のような経過を辿ります。



発症



おおよそ3年〜5年経過

認知機能の低下(時、場所、人が徐々に分からなくなる、記憶力が低下する)



おおよそ4年から7年経過

日常生活動作の障がい(入浴、着替えが本人だけは困難になる)



それ以降

運動機能の低下(歩行困難、嚥下困難になり転倒、誤嚥(ごえん)の危険性が高まる



進行には個人差があります。





家族の心構え

認知症についてネット、本で勉強をする。周りの人の対応如何で症状の悪化度合いが

大きく変わる。





アルツハイマー型認知症の症状です(全体の70%)

主な症状です。



アルツハイマー型認知症の症状は、大きく2つに分けられます。



中核症状と周辺症状



認知症の直接の原因である「脳の細胞が壊れる」ことで起こる症状を「中核症状」といい、認知症の方であれば誰しもが抱える症状のことを言います。



一方、周辺症状とは「行動・心理症状」とも言われます。認知症は本人が元々持ち合わせている性格や置かれている環境が大きく作用し、症状もある程度分類は出来ますが複数の症状が重複する方もおられる為多様化します。

人によって症状が異なります。



「中核症状」



記憶障害

いわゆる認知症と言った時にまず出てくる障害が記憶障害です。 ひどくなると我が子の顔も名前も分からなくなります。



見当識障害

日時・場所の理解や方向感覚などが失われ、周囲の人を見ても自分が置かれた場所も分かりません。



判断力の障害(実行機能障害)

実行機能障害とは、この定義の機能が果たせない…「(行動の)目的が定まらない」「(行動が)自立出来ない」「(行動に)効果が期待できない」「(行動が)成し遂げられない」というように、行動をとる際に支障をきたすという事なのです。



失語・失認・失行…【高次脳機能障害】

失語、、言葉が理解できない、言葉が出て来ない

失認、、目の前の物が何か判断できなくなる

失行、、いままでできていた運動や動作ができなくなる



「周辺症状(BPSD)」



徘徊、、外を歩き回る



弄便(ろうべん)大便を手で触れたり掴んだりして、自分の体や寝具・壁など至る

所に擦りつける行為を「弄便」と言います。



物盗られ妄想、、財布やお金が無くなったと大騒ぎをする



認知症によるせん妄、、頭の中が混乱した状態



幻覚と錯覚、、幻覚は実在しないものが見える、錯覚はそこにあるものと違った判断をしてしまう。



認知症による「うつ・抑うつ」、、気分が落ち込み何もやる気が起きない状態



暴力・暴言・介護拒否

暴力を振るわれそうになったら直ぐに逃げる

施設内では薬で凶暴性を抑える



失禁



不眠・睡眠障害・昼夜逆転



帰宅願望(施設等に入っていて帰りたがる)



異食(認知症になると見当識が障害され、目の前に有る物が食べられるかどうかも分からなくなる状態になる事があります。異食とは食べられない物を口にしたり、実際食べてしまう事を言います。)



その他、個人の性格によって多種多様な症状があるので一概に言えません。





脳血管性認知症、レビー小体型認知症等だとまた症状が若干違って来ます.

▼GLITTERキャンペーン抽選で豪華賞品♪▼
グリッターキャンペーン
>>グリッターキャンペーンはコチラ



ネットショッピングTOP > サービス > ・サービス > グリッターキャンペーン/メリット・デメリット


税理士紹介エージェント:激安
メイキングランジェリー(補整下着) マルコ【MARUKO】|アウトレット

関連記事一覧

マイナビウエディング【ジュエリー店舗来館】:レビュー

目次マイナビウエディング【ジュエリー店舗来館】について調べてみたマイナビウエディング【ジュエリー店舗来館】の最新情報マイナビウエディング【ジ...

デジカメプリントは【イメージングゲート】|効果

目次デジカメプリントは【イメージングゲート】について調べてみたデジカメプリントは【イメージングゲート】の極秘情報デジカメプリントは【イメージ...

本の要約サイトflier(フライヤー)【ゴールドプラン初月無料・月額料金割引キャンペーン】/口コミ

目次本の要約サイトflier(フライヤー)【ゴールドプラン初月無料・月額料金割引キャンペーン】について本の要約サイトflier(フライヤー)...

保育FINE!|評判

目次保育FINE!を徹底的に調べた結果保育FINE!の最新情報保育FINE!の最新情報タブレットをポケットワイファイに接続して自動車のナビと...

おおぞら司法書士事務所|効果

目次おおぞら司法書士事務所の詳細おおぞら司法書士事務所のマル秘情報おおぞら司法書士事務所の最新情報中継器を買おうと思ってます 現在 http...