エアトリ (旧DeNAトラベル)の詳細

エアトリ (旧DeNAトラベル)』をお調べですか?

>>『エアトリ (旧DeNAトラベル)』の詳細はコチラ

当サイト管理人もエアトリ (旧DeNAトラベル)に興味がありエアトリ (旧DeNAトラベル)をいっぱい調査しているところなんです。。

下記リンクに関連情報があるでしょう。

ウェブ上にも、エアトリ (旧DeNAトラベル)に関していろいろと注目されています。

当サイトは、エアトリ (旧DeNAトラベル)についてジャンルを問わず、CMやRakuten・まとめサイトなどでで調べた情報を収集しながら、訪問者さんに役に立つ情報をお届けしていきたいと思います。

エアトリ (旧DeNAトラベル)の詳細情報

新情報が分かったらすぐに、ここに更新していきます。
エアトリ (旧DeNAトラベル)の知っておくべき基礎的なことから、あまり知られていない情報まで発信していきますのでそれまで少しお待ち下さい。

>>最新『エアトリ (旧DeNAトラベル)』情報

エアトリ (旧DeNAトラベル)の最新情報

まもなく公開予定





最新情報が入手されるまで、当サイト管理人のエアトリ (旧DeNAトラベル)とは関係あるかないかわかりませんが、『通信販売に関する質問と回答』に関する雑学をとりあえず書いておきます。

通信販売についてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

無線機で、同じ400MHzで5Wなのに、交信距離が3kmから30kmなどと開きが…

無線機で、同じ400MHzで5Wなのに、交信距離が3kmから30kmなどと開きがあるのは何故でしょうか

(質問のあった日:2018年4月11日)

アマチュア無線、交信距離、無線機、電波法、アンテナ、ハンディ無線機、パラボラアンテナについてのご質問のようですね。

この通信販売に関する質問に対する回答

>無線機で、同じ400MHzで5Wなのに、交信距離が3kmから30kmなどと開きがあるのは何故でしょうか



日本で正規に使える無線機は交信距離など記載しないです。



その無線機の3Km、30Kmあるいは、10マイルなと具体的、書かれているのでしたら外国規格の無線機器です。



そのようなものは買わないほうが良いですよ。



総務省のサイトを貼り付けますね。





一部転載

外国規格の無線機器について

〜外国規格の無線機器は国内では使えません〜

昨今、FRS(※1)及びGMRS(※2)やUHF-CB(※3)と称される無線機や、高出力無線LANルータなど外国規格の無線機器が、通信販売業者及びインターネット等で販売されています。

これらの無線機器はそのほとんどが、日本の電波法令に合致していないため、国内では使用することができません。



このような無線機は、販売されている時に以下のような説明が書かれています。



「○○マイル(△△km)の長距離で使える」

「日本国内では使用できません。実験用として販売します」

「海外旅行先での通信にぴったり」

「格安トランシーバー○台セット」(数千円程度の値段で購入でき、国内メーカーが販売する無線機と比べてかなり格安)



以下略

ネットショッピングに詳しい管理人からの補足コメント




◆値段が10倍以上違うんですね

何でそんなにかわるんでしょう





◆こんばんは・・・・・

それは・アンテナの性能・アンテナの高さ・障害物の状況・で大きく変わります。

例えば無指向性のロッドアンテナと多エレメントのビームアンテナとでは格段の通信距離の差が出てきます。

という事ですが。





◆UHFアンテナ使って測定したんでしょ?





◆400MHz帯というのは、AM放送、短波放送のような、中波のバンドと、パラボラアンテナを使うマイクロ波のような周波数帯のちょうど中間のような性質の電波です。

例えば400MHz帯でパラボラアンテナを使おうとすると、グリッドパラボラといって、金属面でなく、粗い金網状の反射板を使ったりします。電波ではあるが、だんだん光に似てくるので遮蔽物に弱く、逆に都市雑音などは150MHz帯などよりは少なく、アンテナもホイップアンテナですと、長さも75cmでコンパクトなので、ハンディトーキーなどにも向いているといえます。

交信距離は地形、送受信地点の高度が効いてくるので、3km〜30kmという開きが出るのは当然といえば当然です。





◆まともな無線機メーカーなら「交信距離」だなんてバカな数字は記載しませんから、日本で使えない違法無線機を売ろうとしている悪徳業者が、根拠が無いか測定条件がテキトーないい加減な数字を出しているだけでしょう。気にするのは無意味です。





◆3kmはともかく 30kmと説明している機種は日本では使えない(使うと電波法違反になる)ものが多いので注意してください。





輸入することや販売することに直接の規制が無いので輸入・販売されています。

使った人だけが罰せられます。

電波法 第四条の違反です。罰則は電波法 第百十条により「一年以下の懲役又は百万円以下の罰金」です。



特に 16km、24km、32kmなどの表記のものは本来「マイル」での数値を kmに換算したもので、外国の規格のものであることがバレバレです。

16km →10マイル

24km → 15マイル

32km → 20マイル



通信可能な距離は使用状態や周囲の環境、途中経路の地形などで大きく変化してしまうので、日本のまともなメーカーは広告などで距離ついて言及しない場合が多いです。



距離を言ったとしても 3km〜4km程度で、幅を持たせるのが普通です。

たとえば

>通信距離:0.5〜4km (5W出力時。通信環境により異なります。)





これ0.5〜4kmの範囲で通信できるということではないです。

条件が悪ければ最大で 0.5kmくらいしか通信できないかもしれないし

条件が良ければ最大で 4km程度通信できることもあるでしょう・・・くらいの意味です。

仕事などの用途で使うなら これくらいが実用的に使える距離でしょう。

電波として環境の良い場所を求めて「現場」や「持ち場」から あまり離れるわけにもいかないでしょうから。



アマチュア無線のように通信実験が主目的なら電波として環境の良い場所を求めて高くて見晴らしの良いところに行って運用するようなことが可能になります。

そういう条件なら 5Wのハンディー機(片手で持って使う程度の大きさ・形態の携帯用無線機)でも 100kmくらいの交信は可能になります。

私の知っている事例では、アマチュア無線で、東京池袋のサンシャイン60ビルの 59階から群馬県赤城山のレピータにアクセスできたとのことです。ちょっと古い話で、当時のアマチュア無線 430MHz帯のハンディー機は 1Wの時代でした。



私も特定小電力トランシーバー(0.01W)で 15kmくらいの交信に成功したことはあります。

ライセンスフリーラジオ(資格不要や免許不要のトランシーバー)で交信する愛好家のなかには特定小電力トランシーバーで 100km超の交信を行う強者もいるようです。



30kmと説明している機種も、おそらく そうやって良い条件の場所で通信実験を行う状況なら 30km届くのでしょう。

しかし市街地や山間部などで仕事やレジャーの用途で実用的に使う状況なら とてもそんなに遠くとは交信できないでしょう。



ネットショッピングTOP > サービス > ・サービス > エアトリ (旧DeNAトラベル)|経験談


自由が丘クリニックドクターズコスメティクス/体験談
YAZIKITA:激安

関連記事一覧

カイゴWORKER:バーゲン

目次カイゴWORKERについてカイゴWORKERの新情報カイゴWORKERの最新情報カード決済のイプシロンとかGMOペイメントとか、JCBと...

京王観光 [バス旅予約申込]:激安

目次京王観光 [バス旅予約申込]の概要京王観光 [バス旅予約申込]の詳細情報京王観光 [バス旅予約申込]の最新情報2ヶ月になる赤ちゃんがいる...

全身脱毛専門店 STLASSH/最安値

目次全身脱毛専門店 STLASSHについて全身脱毛専門店 STLASSHの新着情報全身脱毛専門店 STLASSHの新着情報犬の膵炎について。...

プリント100点ドットコム/口コミ

目次プリント100点ドットコムについて話をしようかプリント100点ドットコムの詳細情報プリント100点ドットコムの最新情報精神科に行こうと思...

保育マルシェ|経験談

目次保育マルシェの概要保育マルシェの詳細情報保育マルシェの最新情報将来はVRに関連した職業に就きたいと思っているのですが、東北大、阪R...