注目を集めている!アーユルヴェーダの知識

アーユルヴェーダと西洋医学の違い

アーユルヴェーダとは?

アーユルヴェーダは、病気を治すのではなく、健康状態を維持する方法を考える方法です。病気の部分ではなく、その人の体質や健康を保つための方法を見つけます。なので、どんな症状でも、体質の根本から変えていき治していきます。

西洋医学とは?

西洋医学は、産まれたときから馴染みのある医学療法です。病気になったら治療を開始し、診るのは病気の部分のみを治療するのが特徴です。西洋医学では、治療が困難な症状があります。日本で保険が適応する治療です。

注目を集めている!アーユルヴェーダの知識

施術

アーユルヴェーダとは?

アーユルヴェーダは、西洋医学とは違い健康や若さを保つ事を目的としている予防医学です。日常生活の食事法・健康法を行います。アーユルヴェーダでは、自然のエネルギー(ドーシャ)から体が構成されていると考えられています。ドーシャは「ヴァータ(風)・ピッタ(火)・カパ(水)」の3つのエネルギーであり、この3つのバランスが取れると、健康な状態と考えられています。

ヴァータ(風)の体質

風と空の要素から構成されています。風のように動く性質は、好奇心が強く活発ですが、飽きっぽいという特徴があります。体の中での役割は、空気の確保や空気の動きを管理することです。空気の動きが悪くなると、代謝が悪くなってしまいます。

ピッタ(火)の体質

人水の要素から構成されています。情熱的でチャレンジ精神が強いのですが、完璧主義で見栄っ張りになってしまいます。役割は、細胞機能に必要なエネルギーを作り、消化・代謝です。食べることが好きなので、消化不良を起こしてしまいます。

カパ(水)の体質

水と地の要素から構成されています。物静かで落ち着いているのですが、大雑把で鈍感という特徴を持っています。水の性質で蓄積する性格があるので、お金を貯めることが上手いと言われています。

自然治癒力を引き出す

この様にアーユルヴェーダは、自然治癒力を引き出して施術を行なっていきます。病気の改善ではなく、健康な体を保つことが大切にしています。それぞれの体質を確認して、自分に合った食事法・健康法を見つけましょう。最近は東京でアーユルヴェーダを受けることが出来るので確認してみましょう。

広告募集中