葬式

お葬式の形

小さなお葬式

葬式

東京で営業している葬儀社が、ここ数年力を注ぐようになった葬儀形式があります。それは、家族葬という名前の葬儀です。以前は、家族葬プランを取り扱っている業者がとても少なかったので、家族葬を希望していても実現できないケースが少なくありませんでした。しかし、東京には家族葬形式を希望する人がたくさんいるため、葬儀社の方としてもその要望を無視するわけにはいかなくなりました。その結果、現在、東京都内で家族葬プランを取り扱っている業者を見つけるのは、それほど難しいことではなくなっています。ただし、東京で営業している全ての葬儀社が家族葬プランを用意しているわけではありませんので、亡くなった人自身が家族葬で見送って欲しいという希望を持っていた場合は、業者と利用契約を結ぶ前に、家族葬ができるかどうかをキチンと確認するようにした方がよいです。

家族葬

近年、家族葬が営まれるケースがとても多くなってきました。少なくとも東京では、とてもポピュラーな葬儀形式の1つになりつつあると言うことができます。家族葬の正式な定義のようなものはありません。それぞれの業者が独自に葬儀プランを考えて、家族葬プランとして提供しています。ただし、かかる費用が概ね50〜100万円前後と、従来型葬儀の半額以下の設定になっているのが一般的です。なぜ低料金にすることができるのかというと、家族や親戚、ごく親しい知人などだけで行うこじんまりとした葬儀だからです。規模が小さければ、広い式場を借りる必要がありません。また、用意する飲食物の量も必要最小限に抑えることができます。そのため、安い費用で葬儀を営むことが可能になっています。ただし、料金が安いという理由だけで家族葬が人気になっているわけではありません。高い人気を集めている本当の理由は、故人と過ごす最後の時間を濃密なものにすることができる点にあります。儀礼的な弔問客の対応に追われることなく、最後の夜をゆっくりと過ごせるようになるため、遺族の心残りがなくなります。